GALE Hi-Speedカムシャフト

GALESPEED(ゲールスピード)では、エンジンの特性、パワーにおいてもっとも重要視されているのはカムだと思っています。

エンジンのトルク特性は仕様用途によって変えるのは特に説明の必要がないと思いますが、例えばサーキットを走るためのエンジンとWRCのようにラリーを走るためのエンジンでは求められる性能が全く違います。

ではエンジンの特性は何で決まるかと言うとカムのプロフィールによって低回転で扱い易いエンジンになるか、高回転でパンチが効いたエンジンになるか決まります。

GALESPEED(ゲールスピード)ではカムシャフトは各エンジン毎に御客様が望む使い方に応じてカムプロフィールを設計してから製作しています。

「度数の広いハイカムを入れると乗りずらくなるんじゃないの?」とよく質問されますが作用角をなるべく大きくせず、バルブスピードを上げる設計にしています。そうすることで低回転域を犠牲にすることなく、中、高速回転域のトルク特性を向上させています。

また高速で動作できるカムを使うとバルブスプリングもそれ相当のものを使わないとカムの動きにバルブ動作が追従できなくなり、折角良いカムを使っても宝の持ち腐れ状態になりますし、逆に悪影響を与えることになるのでカムを変えるとバルブスプリングも変える事をおすすめしています。

バルブスプリングに関しても単純にバネレートが高いスプリングを選ぶのではなくセット長から最適荷重、耐久性を考慮し、さらに将来に向けての拡張性まで考慮して選んでいます。

広告
カテゴリー: 仲間のつぶやき タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中