Caterham Super Seven 1700SS

この車はフォード製1700CC, OHVエンジンで排気量は1700CCです。資料等によればノーマルエンジンで135PS/6,000rpmというエンジンスペックです。今回はエンジンのオーバーホールとオーナーさんのご要望でハイカムとクラッチの交換を要望されていたので、お話を伺っていくとサーキット走行はなさらないとの事でしたので、サーキット向けのカリカリな仕様ではなく峠を走るときに気持ちよく走れるようなエンジンになるようカムプロファイル設定と、それにあうようキャブに少し細工を施しました。

エンジンオーバーホール後、車をお引き渡しする際に試乗してもらったところ「3,000rpmまでしか回してないけど、以前より乗りやすくなってます」という言葉を頂けました。

以前取り付けられていたカムよりもハイカムが入っているので、本来なら乗り難くなるのですが、それでも乗りやすくなったというのは嬉しい一言です。お客様が仰っていたのはサーキット走行はしないという事でしたので、峠を気持ちよく走れる車にするため各種部品を選択し、加工、組み立てもそうなるよう細心の注意を払って行った結果のお言葉だったので安心しました。

GALESPEEDではこれからもお客様の声に耳を傾け、お客様が望まれるエンジンを作っていきたいと考えていますので、御用の際はお気軽にお声がけください。

広告
カテゴリー: FORD Engine, KENT CROSSFLOW タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク